2017年09月04日

いつも見ていたあの背中。



こんばんは。

最近はここで、ふぃあですって名乗らせていただいてるんですが、
今回ばかりは、ニルです、と言わせてください。

まず最初に、
3日ほど前に、お世話になっていた猟団を抜けさせていただきました。

とても、とても、お世話になっていた団でした。

団リスを覗かないと、退団したことに気づかないとのことだったので
最初は誰にも言わずに、そっと立ち去ろうと思ったのですが、
わたしの気持ちは、そうさせることを許しませんでした。

本当は、
団員さん全員に、一言ずつショートメールを送ろうと考えていたのですけれど、
こういうとき、なんか、書き始めると言葉って止まらないんですよね。

関わりが少なかった人も、たくさん関わった人も、
自分が去ると決めた後には、言いたいことがたくさんあって、一言、一通どころじゃ収まらなくて。

もっとこの人達と遊びたいなあ、あの人とはあんまり遊べなかったなあ、
そんなことを考えながら、ぽたぽたと文字を打ち込んでいたのですが、
やっぱりそうすると、気持ちが緩んでしまうというか、
今じゃなくても、いいんじゃないか、とか思っちゃうんですよ。

それに、こんなメールを送ってしまったら、
わたしはきっと、すぐ振り返りたくなってしまうので。
わたしはとてもひ弱で、情けなくて、頼り甲斐もないようなやつなので。

自分の意思を確かめるためにも、
団長に一言、わたしが抜けたことは団員さんには言わないでください、と言い残し
あの広場を後にしました。

期間にして1年と少しくらいだったかと思いますが、
おかしいですね、わたし、あんまり長続きする性格ではないのですけれど、
事情や用事がある日以外は、毎日欠かさず、気分が乗らないときも、広場にだけはいたような気がします。

それは、自分が会話に参加しなくても、見ているだけでも居心地が良くて、
明日はこれやろう、今度はこれ作ろう、
一人で行けるかな、誰に手伝ってもらおうかなとか、思えたからなんだと思うんです。

そりゃわたしだって人間ですから、
嫌なことがあって人と話したくないとか、自分がいなくたってって思うことなんて何度もありました。
むしろ、ゲーム内でまで、こんな辛い思いをするくらいなら、いっそのこと抜けてしまおうかって、感じてしまった事だって、正直に言えばあります。

けれど、そんなときでも、寄り添ってくれたのは団員さんでした。
特に何かをしてくれるとか、そういうわけじゃないんですが、

何も変わらない日常を、ただ、側から眺めてるだけで、何だか、ほっこりしてしまうことってありますよね。
わたしにとっては、団員さんたちの会話が、くだらない雑談が、それだったんです。


もともと、
団長さんとは長い付き合いで、言ってしまえば
HR昇格試験が存在していたころ、一緒にランク上げをした同期だったんです。

それが、ゲーム内でつらいことがあって、しばらく休んで戻ってきてみれば

自分も最近復帰したばかりだと言うではないですか、
団を建てたと言うではありませんか、

ブログをやってるので見にきてくださいって、ほんとうに、楽しそうに。


ちょっとあの、ごめんなさい。
目頭が熱くなりますね、こういうの。


そしてブログを見に行って、そこでも、
とても楽しそうに、団内の出来事が記事に残してあって。

眩しくて仕方がありませんでした。

こんなに、このゲームを楽しんでいる人がいるんだなあ、と。
わたしは素直にそう感じました。
復帰した当時のわたしは、
いざこざがあって、行き場も目標も失い、ほんとうに抜け殻みたいになっていたのです。

が、それでも、隣の芝生は青く見えてしまうもの。

ニルさんさえ良ければ、うちの団にきませんか?

その言葉が、わたしには突き刺さって抜けませんでした。

こんな自分が、あんなところに行っていいのだろうかって、何度も思いましたけれど。

数日間、むしろ1週間くらい頭を抱え、
結果的に、入団させていただくことになったのですが。


上でも書いたように、あの団であったことはとても思い入れのある出来事ばかりです。
このゲームを続けててよかったって、名簿から名前がなくなったいま、
すごく、すごくそう思ってます。

やっぱり、あの団好きだったんだなって。

行き場を失くしたわたしを拾ってくれ、たくさんの思い出をいただき、
たくさんの方と出会う機会をくれたあの団に、最上級の感謝と、宣誓を。


団を通して、いろんな人と出会い、
いろんな団と交流し、その中で芽生えたこの気持ち。

わたしはいつからか、
関わった団の団長達のように、自分が所属していた場所のように、
慕われなくても、不器用でも、話が苦手でも、狩りが下手でも上手でも、
いろんな人が、居心地が良いと感じられる場所を作ってみたいと思うようになりました。


そして今夜、その望みが叶いました。
わたしは、自分の団を建ち上げたのです。
とはいえ、まだ全然 団員さんも集まっていなくて、猟団ランクも中途半端だけど。

これが、わたしの踏み出した一歩です。

絶対に、彼らに追いついてみせる。

そして、わたしが会った人達に、
わたし、こんなに立派になったんですよって、言いに行くんです。

まだ手探り状態で、団の方針もしっかりしてないようなところだけど。

不安なのは、未来に可能性があるから。

不安は絶望じゃないんです。

わたしには、ついてきてくれた人がいる。
近くにいてくれる人がいる。
相談に乗ってくれる人がいる。

この経験は、無駄にはしません。


この団に入ってくれる人達が、
わたしと同じような境遇の人も、わたしと同じような気持ちになってもらえるように。

最善の努力を。

深夜しかいない団長になってしまうけれど、
わたしには頼れる創設メンバーがいてくれます。

大丈夫。
立派な団にしてみせます。

団員数は多くなくても、みんなが楽しめる場所を作ってみせます。

人数が増えすぎると、孤立してしまう人が出てきてしまうかもしれないので、
大型猟団にするつもりは、いまのところありませんけれど。

見ていてください。
なんて、見栄を張ったりはしません。
正直に言って自信はありません。
わたしがつらい時は知恵を貸してください。

そして、今までお会いした団長様方へ。
いつか、団同士の交流をさせてください。

そこで、まだまだヒヨッコですねって、笑ってください。

よろしくお願いします。



その時に向けて。


わたしは尽力いたしましょう。



いつも見ていた、あの背中に。

少しでも近づけるように。






2017.9.4 --- AlbaKixu-NicLe ---







---------------------------------------------




------------------------------




---------------





----




あとがき

柄にもなくすごく真面目な記事を書いてしまいました。
恥ずかしいですね、これ。
書いてる時は、目頭が熱くなっていましたが、
今では、恥ずかしさで顔が熱くなっています。

人が何かを決断する時というのは、やっぱり、こわいと思うんです。
でも、自分が過去に経験した出来事や、なんかよくわかんないけどそばにいてくれる人達っていうのが、
なんかよくわかんないうちに背中を押してくれるものだと思うんです。
そういうのを糧にして、わたしも細々と自分の道を歩いていくんですね。

わたしの道といえば、
わたしをこんな風にした1番の原因である、
以前ここのブログを一緒に管理していた男の子なのですが、
彼は元気にしているでしょうか。
わたしをゲーム好きにしておいて、自分はゲームやめちゃいました、なんて言ったら
ぶん殴ってやります。

それはさておき、
これから入ってきてくれる団員さんや、創設メンバーの3人には、
「え、なにこいつ理想高すぎ無理ww」とか思われちゃうかもしれないんですが、
わたしについてきたことを後悔してください。
わたしは独占欲強いですよ。
握った手は、腕がもげても放しません って言ってやるつもりです。


あ、そうそう、
AlbaKixu-NcLe(アルバキゥ ニクル)ってすごく言いづらいし書きづらいので、
普段はAKUN(アクーン)って言ってください。

ちなみにこれ、創設メンバーの名前を並び替えたものなんですよ。


個人的には気に入っています。
異論は認める。

とはいえ、ただの造語なんだけどね。
造語というか、なに、もじっただけというか。



では、良い感じにお茶も濁せたのでこの辺で。


また。



ニル





ラベル:MHF
posted by ふぃあ at 05:08| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

地を駆ける爆炎。



こんばんは。
今回はあまり間を開けずに更新します。

現在メゼポルタでは、どなたでも世界の支配者直々の応援を受けることができる特別なイベントを行なっています。

狩人応援コースというのは、あまりに快適なコースであるが故、
一度使うと、またすぐに使いたくなってしまう代物です。

まるでイケナイお薬みたいですね。

そんな中実装された、辿異種ミドガロン。
わたくしニルは、中途半端な準備で☆4に行って参りました。

自分で言い出したことだけど、
辿異種が実装される度に、初見、なおかつ一人で☆4に行くっていうのは、
些か無謀が過ぎるのではなかろうか。

とはいえ今回は、狩りコ無料開放中なので、
ごり押ししてしまえばいけるだろう、ギアの時よりはたぶん楽だろうという希望にすがり、
会いに行ってみることにしました。

スクショを撮ることにを忘れた代わりに、
今回は動画に残しています。

動画はこちら↓
【MHF】A Hunter Days【4日目】

なんとなく始めてしまったこのブログと上記動画シリーズですけれど、
やり始めると、意外と面白いものですね。

動画について補足。
今回はゲーム内BGMを切っています。
わたしの声が小さいのか、どれだけ調整してもゲーム内の音量に、
マイクで拾っている音声が負けてしまい、
わたしが何を言ってるのか聞き取れないんですよね。

いや別に聞きたくねーよって人、多いと思うんですけど。

あ、そうそう。
毎度お馴染み、レイレスやらの配布イベントもきているので、
必要な人は、この機会にやっておきましょうね。


次の辿異種は、あのルコディオラです。
現在公開されている情報を見るだけでも、初見で倒せるような自信が一切わかないのですが
まあ、有言実行、フラグ回収をモットーに生きているので、
チャレンジはするんだと思います。たぶん。

そういう精神大事だよね、うん。


--------------------------------------


さて、話題変わりまして装備の話。

少し前に、弓装備を更新しました。
スキル的には、
キャプチャ.JPGキャプチャ2.JPG
こんな感じ。

祭珠があれば、カフスロが空いて辿異カフがつけられます。

負けたので作れませんでしたが。
負けたので作れませんでしたがぁ。

豪放はあった方が便利かなーとは思ったんですが、
揺れはフレーム回避できるし、耳栓は弓鬼で対応できるし、風圧はあんまり当たんないし
これ別になくてもいけるんじゃないだろうかって思いました。
豪放の代わりに巧撃をいれて、少しでも火力に繋げていければなあーって思います。

そして、
幕無、腕利きなど新スキルが実装されたので、双龍更新しました。
正確には、更新する予定でした。

更新できたはずでした。

作る珠を間違えさえしなければ。

この記事を書き始める数時間前、よりにもよって
狩煉道でのルーツ討伐実績が必要な祖龍珠を、
メモを取っていたにも関わらず、アホみたいに作り間違えました。
死にたい。
もう珠作るの怖いむり。

また道いかなきゃ…あうあぅ。

なんていう愚痴は置いておいて、
今まで使っていた双龍に、少し手を加えたものになります。
スキル的には、
キャプチャ.JPG
こんな感じ。

幕無を使ってみた感覚として、やっぱり早食いがないと
回復中に効果が切れちゃうんだなって感じました。
武器種柄、回復がどうしても増えてしまうので、早食いと武器捌きが欲しくなりました。

ので、
今までは、見切りを幕無にしただけの即興レシピだったのですが、
このタイミングで、ちゃんと素材を集めて作り直そうと思った次第です。
頻繁に入れていたブチギレを抜いて、威光、腕利きを入れてみました。
エリス頭を使っているので、回避が増えてくる双剣には、
巧流強化は相性がいいのではって感じです。



まあ、まだ完成してないんだけどね。

珠間違えちゃったから。


はあ。



あ、そうそう。
余っていた紙やら綬やら勲やらで、
やっと刀神作りました。
とはいえ、生産しただけで、まだ装備を組んではいないんですが。
どうもシミュがうまくいかなくて、更新できずにいます。

出来次第作り始める予定です。




みなさんも、装備を作るときは珠を間違えないようにしましょうね。
ではでは、今回はこの辺で。

またお会いしましょう。








ニル(ふぃあ)

ラベル:MHF
posted by ふぃあ at 10:14| Comment(4) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

炎の中に咲く氷華




はろう。

最後にココに来たのはいつだったけ。

どうも、ニルです。
たぶん、10周年アプデから記事かいてないんですよ。
何でだろうね、サボってないよ。

では最近の近況報告。

最近自分の中で、しゅれんどー、っていう腕試しコンテンツにはまっているニルです。
と言うのは、このクエストにはアイテムを持ち込むことができず、
少量支給される通貨で少しのアイテムを購入していくシステムを取っていて、
その状態で次々現れるモンスターを、自分の防具、武器、勘、経験を駆使して沈黙させていくという
ゴールの見えないクエストになります。

もちろん途中で帰還することもできますが、やっぱり、やれるところまでやってやるって
思いますよね。

わたし負けず嫌いなんです。
このブログを毎回読んでくれている人なら知ってるか。

そんなしゅれんどー。
団員さんといってきました。

mhf_20170714_003908_753.jpg

はい、この子。
見覚えありますよね。
そう、ミラルーツです。
しゅれんどーにて、10フロアごとに登場するこの子ですが、
それはもう、もう、ね。
いやあの、まぶしいんですよ。すごく。

夜やってたら失明しちゃいそうなくらい。
それも、けっこう面倒な進化を遂げていて、対策なしではあんまり行きたくない子になってしまっています。
いや、まあかわいいんだけどね。

光になりたくない人はちゃんと対策をしましょう。



さて、そんなある日、
うちの団長がまたなんかやり始めたようです。

「双剣四人で廊下行こうよ」

あ、っは、、、(笑)

実際はツイッターでそんな話になっていて、興味本位でリプ送っちゃったんです。



結果は、、



mhf_20170722_031049_306.jpg

一応目標であったフロアには到着しました。
恐かった、、、、


こんなことって、あるんですねえ、、
わたしびっくりです。


道中のお話はこちら。
双剣4人で狩煉道に逝ってきた



上のリンクは、うちの団のブログにつながってるので見に行ってくださいね。
見事に実況(風)にまとめてくれています。

途中ほんとに集中力が切れてしまい、
もう、死んでもよくね。早く帰りたいんだけど。
って思ってたのは内緒。

そして、隣のモニターでツイッターみてたらサルに叩きつけられて、
ほんとに死にました/(^o^)\ナンテコッタイ

いやほんと、よそ見して死ぬこと多すぎるので気をつけないといけませんね。

一緒に廊下走ってくれた方々、とてもたのしかったです。
またあそんでくださいね!



----------------------------------------



さて、では次のお話。
どんどんいきます、駆け足ですよ。


"皆で"の方では行ったのですが、新モンスター「エリゼリオン」。
なんだこの特撮番組みたいなネーミングセンスは。

ちなみにこんなやつ。
mhf_20170707_142926_411.jpg

なんだこの、仮面ラ○ダーWみたいなデザリングは。

とはいえこいつ、
わたしすごく嫌いなんです。
なぜかと言うと、動きがトリッキー過ぎてなかなか慣れることができないんです。
慎重に時間をかけて戦えば倒せないことはないのですが、、

そこで、こいつの防具が持つ新スキル「幕無」。
効果は、攻撃をするたび会心率と会心ダメージが上がるというものらしい(適当)ですが、
なかなか魅力的なスキルだと思います。
そのためにわたしは、いま、連戦をしているのです。

mhf_20170710_120729_420.jpg

フレさんを巻き込んだりしながらね。
写真は少し前、いつもお世話になっているのび太さんと、ラブリーマイ骸骨ぱんこらさんを引き合わせたときの写真です。
あんまり時間が合わなくて、遊びたいフレさんと遊べていないのが現実。
やっぱりこのゲームは、みんなでワイワイやってた方がたのしいよ。

話が逸れそうなので戻します。
前週は、なんだかよくわかんないけど獲得素材数が2倍になる期間だったようなので、
その内に集め切りたかったけれど、なかなかうまくはいきません。

2倍期間も今日のメンテまで…。
あと少しで装備が完成するんです…。

ので、エルゼ行くよーって人は、わたしを誘ってください。

全力で寄生させていただきますの。



----------------------------------------



まだまだいきます。

わたくしごとではありますが、
先日、ついにPCデスクとゲーミングチェアー、モニターアームを購入したので
汚部屋の汚掃除を兼ねて模様替えをしたのです。

実はわたし、いままでデスクトップPCを畳において、
オフトゥン(というか枕元)に配置し、寝っ転がりながらゲームやらブログやらをやっていたのですが、
おやすみの日に、1日その体制で狩りやらイカやらやっていたら、
もうほんと、首が痛くって痛くって…。

もう歳ですね。
首のコリはつらいです。
ということで、完全に衝動買いの域ですが、
お買い物に出かけたのです。

その後、テーブルやら椅子やらを組み立て、部屋のものを一度全て外に出し、
本棚の配置を変え、掃除機をかけて、夜中だというのに何をやっているのか。

遠慮?そんなもん知らん。

結局朝までかかってしまい、大変でした。
ええ、本当に大変でした。

ホコリでくしゃみや鼻水は止まらないし、
重い物を持ち過ぎて腰が痛いし、
首のコリは治らずにしんどいし、
なんか途中で雨降ってきて頭痛いし、
外に出したものずぶ濡れになりやがるし、
普通に歩いてただけなのに、自分の足につまずいて捻挫するし、

散々です。
もう模様替えなんかしねえ。

模様替えを終え、ウキウキ気分で用事を済ませ、
オフトゥンに入って寝たのはいいものの、

起きた時の絶望がわたしを襲います。

そう、筋肉痛です。
ふざけんじゃねえよ。

この身体貧弱すぎんだろおい。
確かに最近運動サボってるけど、こんな、身体起こすのが億劫になるくらい痛くなんなくてもええやん。

つらい。

うん、つらい

さらには、いままで床でやっていたせいで、
いざ机にキーボードを置いてやると、ね、もうほんと、打ちづらくてたまったもんじゃないです。
これはしばらくすれば慣れそうですが、慣れるまでは誤字脱字は大目に見てくださいね。




-------------------------



さて、
だいたいこんなところかな。
この辺で失礼いたしましょう。

皆さんも、身体にはお気を付けて。

メンテ開けたらまたやることがたくさんで大変です。
色々お手伝いするので、お手伝いしてくださいね。



あ、そうだ。

スプラ2買いました。
フレさんと遊びたいので、気が向いたらついったーで声かけてください。



では、また。









ふぃあ(ニル)




posted by ふぃあ at 11:19| Comment(6) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする