2017年02月18日

黒く澄む空に響く音。



こんばんは。

冬の夜空というのは、空気が澄んでいて星がきれいですよね。

私の家の辺りは、条件が揃ったときだけですが
風が通るときに少し高めの、心地の良い音がするんです。

風の強さとか風向きとか、条件が揃うことがあまりないので頻繁に聞くことはできないのですけれど、
私はこの音を聞くのが大好きなのです。

落ち込んだときや傷ついたときに聞くとか、そういうことはないのですが。


ただ、冬の夜空を眺めていると
このまま、誰にも告げずに何処か遠くへ行ってしまいたいと思うことはよくあります。

あれが嫌とか、これがつらいとか、
そういうので自分の中が満たされてしまったとか、
たぶん、私がここで一生懸命頭をひねって文字を打ち込んでも、
わかってもらえるとは思わないので、あまり事細かに説明はしません。

そんな気分もある、程度に思っていてください。
もしかしたらそのうち、
あいつが言ってたのはこういう事なのかなーって、
思うことがあるかもしれませんし。

ないかもしれませんけれど。

人は人の気持ちを完全に理解することはできないですから。
人間だけではないですけれどね。

果たして、人間以外の動物たちは、
完全な意思の疎通はできているのでしょうか。

そう考えると、いろいろと浮き彫りになってしまうような気がして
ゾッとしますよね。

きっと、こういうことを考えるのって私くらいしかいないんだろうけど。

そういう、ちょっとどうでもいいお話です。


急にどうしたのって思う人もいるかもしれませんが、
別に大したことはありません。
何かがあったわけでもなければ、何かをされたわけでもありませんので。

ただ、別に私がいなくても何にも変わんないんだろうな、と思っただけです。
何がって、いろいろと。



そんなこんなしている間にもう丑三つ時も終わってしまいますね。

また近いうちにお会いしましょう。



では。

また。

posted by ふぃあ at 03:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ブログに降ってる星をさわるとヒヨコがいっぱい…
かわいいです♪

一度だけ、冬の星空を見上げてたら涙がとまらなくなったことがあった。
そんな昔のことを思い出しました。

またお会いしましょうね(^-^)
Posted by pancola at 2017年02月23日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: